【当サイトよりお知らせ】

Twitter開設のご案内

2019年8月、バイナリーオプション専用Twitterアカウントを開設致しました。

バイナリーオプションお役立ち情報随時更新中です。

皆様の閲覧・フォローお待ちしております。

ツイート内容はサイドバーにて掲載中!

三角持ち合いを活用したトレード手法

三角形の積み木

 

 

バイナリーオプションで安定した勝率を保つためには、様々な専門知識を得ることが必要不可欠です。
それと同時にチャート上にラインを引いてエントリーポイントを選定する能力もとても重要です。
ラインに関しては以前サポートラインとレジスタンスラインの重要性という記事内でご紹介致しましたが、もう一つライン引きに関して欠かせない内容があります。
それが「三角持ち合い」です。

 

この三角持ち合いを活用できるか否かでトレードの幅や質が大きく変わってきます。
是非基本を抑えて活用できるようにしていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

三角持ち合いとは?

相場は通常、上昇と下降を繰り返しながら形成されます。
また、ボラティリティが広い時もあれば狭い時もあります。

 

値動きが一定の範囲内で推移している状況を「持ち合い相場」と言います。
そして、その値動きの幅が徐々に狭くなりチャートが三角形になっていきます。
これが三角持ち合いの基本です。

 

言葉だけではイメージが付きにくいと思いますので図を用いて解説致します。
その前に、三角持ち合いには3つのパターンがあることを覚えておいてください。

 

三角持ち合い3つのパターン
上昇トレンドライン+レジスタンスライン(強気三角)
下降トレンドライン+サポートライン(弱気三角)
上昇トレンドライン+下降トレンドライン(均衡三角)

パターン@:強気三角持ち合い

 

上記画像は「上昇トレンドライン+レジスタンスライン」で形成された強気三角持ち合いの例です。
この形で形成される三角持ち合いの場合、高確率で上方向に抜けます。

 

上昇トレンドラインに沿って相場が推移=下値を切り上げている

 

という事ですので、相場は買い目線で推移していることが証明できます。
エントリータイミングとポイントですが

 

トレンドラインに沿って推移していることを確認
レジスタンスラインを超える
三角形の先端の部分で上に抜ける事を確認

 

この3点に注意してトレードを行いましょう。

 

パターンA:弱気三角持ち合い

 

2番目にご紹介するのが「下降トレンドライン+サポートライン」で形成された弱気三角持ち合いです。
高値を切り下げていきサポートラインを割り込み下落が続く流れです。

 

画像のようなパターンの場合、高確率で下方向に抜けます。
注意点は強気パターンと真逆です。

 

パターンB:均衡三角持ち合い

 

最後にご紹介するのが「上昇トレンドライン+下降トレンドライン」で形成される均衡三角持ち合い相場です。
均衡パターンの場合、どちらに抜けるか最後の最後まで分かりませんので強気・弱気三角持ち合いよりも更に慎重に見極めなければなりません。

 

ですが、ローソク足のヒゲの長さや有無でおおよその方向に検討を付けることは可能です。
上記画像の場合、下ヒゲよりも上ヒゲの方が出現回数が多く長い印象です。
これは、上がり止めを感じさせる推移をしていますので可能性で考えれば下落に向かう確率の方が高いと管理人は考えます。
もちろん、三角持ち合いをブレイクするまではただの憶測でしかありませんので、しっかりブレイクしたのを確認してからその方向についていく事が前提です。

 

高確率という表現は「絶対」ではない

三角持ち合いの3パターンをご説明する際、「高確率で上」「高確率で下」という表現を用いました。
あくまで「その傾向が強い」という話であって「絶対そうだ!」という訳ではありません。

 

そもそも相場は何故動いているのか、変動を繰り返すのかを考えてみて下さい。

 

多くの投資家たちの心理的要素が含まれている
世界情勢の動向がリアルタイムで反映している
経済指標の発表などで大きく乱高下する場合がある

 

など数多くの要素が含まれて相場が成り立っています。
エントリーしたタイミングで経済指標の発表と重なってしまったり、世界情勢に変化があったりなど起こり得る話です。

 

なので過信は禁物ですが、エントリーポイントの選定や、勝率の高いポイントを探す上で三角持ち合いは非常に有効な対策の一つでもあります。

 

まとめ

サポレジラインもそうですし、今回ご紹介した三角持ち合いもそうですがラインをいかに使いこなせるかどうかで今後のトレーダー経験値に大きな差が出てきます。

 

この差は利益・勝率に直結します。
テクニカル指標を駆使してエントリーサインを見つけるのも大事ですが、ラインと組み合わせることによって、より質の高いトレードの回数が増えてきます。

 

もし今まで三角持ち合いを活用していなかったトレーダーさんがいらっしゃればこの機会に是非取り入れてみてはいかがでしょうか?


【最後までお読み頂き有難う御座います】
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

今回の記事が役に立ったという方、ツイッターでも有益な情報を随時更新中!

是非フォローお願いします。


注意事項
本サイトはバイナリーオプション初心者様や興味をお持ちの方へ管理人の経験を元に基礎内容などをご提供・ご紹介しております。
バイナリーオプション等の金融商品には一定のリスクがあり、元本保証をするものではございません。
本サイトの情報に基づいて投資を行った結果、ユーザー様に何らかの損失・損害が発生した場合でも当サイトでは責任を負いません。
投資対象及び銘柄の選択、投資金額、エントリー方向(HIGH/LOW)などの最終決定はユーザー様ご自身の判断でなさるようにお願いします。

☆管理人オススメ!theoptionの口座開設はこちらから☆