【当サイトよりお知らせ】

Twitter開設のご案内

2019年8月、バイナリーオプション専用Twitterアカウントを開設致しました。

バイナリーオプションお役立ち情報随時更新中です。

皆様の閲覧・フォローお待ちしております。

ツイート内容はサイドバーにて掲載中!

連敗トレードを抜け出す方法とは?

自分のミスを悔しがる男性

 

 

皆さんはトレードをしていく中でこんな経験をしたことはございませんか?

 

連敗続きでトレードが嫌になってしまった
何をやっても損失トレードになってしまい解決策が分からない

 

管理人も経験があります。
負のスパイラルにはまってしまい、どう頑張っても利益を得ることができない・・・。

 

そんな時はちょっとした方法で連敗からのトンネルを脱出できるかもしれません。
今回は管理人が試した連敗脱出方法をご紹介致します。

 

スポンサーリンク

 

 

連敗続きの時にまずやること

せっかく頑張って積み重ねた利益を連敗トレードで少なくしてしまったり、なくなってしまったりすると非常に腹正しいことだと思いますしショックですよね?
そんな時はトレードをいくらやっても良い方向には向かいません。

 

チャートを閉じてパソコンも閉じる

 

まずはこの作業を徹底してください。
管理人は二回連続で損失トレードになってしまった場合は、すぐさまパソコンを閉じ最低でも一時間パソコンを触りません。
その間何をするかというと・・・

 

コーヒーでも飲みながらテレビを見る
散歩がてら歩いてコンビニに行く

 

要するにトレードとは無関係の事をします。
パソコンに触らないので動画を見たり、ネットを使ったりは一切しません。
なぜかと言うと

 

パソコンを触っているとどうしてもトレードをやりたくなるから

 

この1点に尽きます。
重要なのは「一度冷静になれる環境を探す」という事です。
第一ステップとしてまず上記の内容を実践してください。

 

自分のトレードの見直し

第二ステップとして、自分のトレード手法や内容を見直します。
連敗続きの時に限って無意識にやっている行動として・・・

 

損失を取り戻そうとする焦ったトレード
トレンドの流れに逆らったトレード
無謀な投資金額の設定にする

 

この3点はうまくいかない時の原因として起こり得る行動です。

 

トレード見直しその@:損失を取り戻そうとする焦ったトレード

各トレーダーさん、自分なりのロジック・トレードルールというものがあると思います。
焦ったトレードは自分のトレードルールを無視している事が多く無意識にエントリー根拠のハードルを下げている可能性があります。
結果としてそれがエントリーサインの見落としやトレンド転換の見落としなどに繋がります。

 

自分の損失トレードを振り返ってみて「何故損失になったか?」という点をしっかり説明できなければ質の低いトレードをしているかもしれません。

 

トレード見直しそのA:トレンドの流れに逆らったトレード

要するに根拠の薄い「逆張り手法」になってないかという点です。
「急激に価格が上昇したから反動ですぐ下がってくるだろう」とか「オシレーターで売られ過ぎのサインが出ているからそろそろ上がるだろう」という「〜だろうエントリー」をしてないか良く振り返ってみましょう。

 

思い込みトレードは良い結果を生みません。
しっかり相場のトレンドや流れを見てどちらの方向が優勢なのかをじっくり観察する時間と余裕を持つ意識をしてみてください。
この点だけでも勝率が大きく変わる可能性があります。

 

トレード見直しそのB:無謀な投資金額の設定

例えば「損失が10000円だから取り返すなら5000円〜6000円でエントリーして一発で取り返そう!」という発想は傷口を広げます。
余程自信があっての事ならまだしも、投資金額を増やすには自分の口座資金との相談が必要です。
一か八かの賭けでは「投資」ではなくなってしまいます。

 

当サイト内でもご紹介しましたし皆さんもご存知だと思いますが、トレード手法で「マーチンゲール手法」という物があります。
倍々ゲームで損失を取り返す手法ですが、資金力がないうちにこの手法を使うと資金が底をつき即退場になってしまいます。
一定の投資金額を保つのと、勝負所の見極めを間違えないようにしてください。

 

資金があればトレードは出来ますが、資金がなくなればトレードすることができず挽回するチャンスすらなくなってしまいます。

 

【スポンサーリンク】

 

冷静さを保たなければいつまで経っても連敗から逃れられない

今となっては管理人は、連敗よりも連勝の方が割合は圧倒的に高いです。
なぜなら・・・

 

冷静さを失ったトレードはうまくいくわけがない
連敗したときの感情コントロール術を理解した

 

この2点が非常に大きいです。
負の感情の入ったトレードでは利益は生まれにくいです。
その点をしっかりご理解頂いた上でトレードと向き合うことをおすすめします。

 

まとめ

投資全般に言える事ですが、良い時もあれば悪い時もあります。
そして、自分が得意な相場もあれば苦手な相場もあります。

 

無理せず一度立ち止まって振り返る習慣を身に付けることが連敗脱出と連勝割合を増やしていくポイントです。
皆さんも是非連敗街道から連勝街道を突き進めるトレードを目指していきましょう。
※先ほどご紹介した「マーチンゲール」に関して興味のある方は、当サイト記事マーチンゲール手法のメリット・デメリットをご参照ください。


【最後までお読み頂き有難う御座います】
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

今回の記事が役に立ったという方、ツイッターでも有益な情報を随時更新中!

是非フォローお願いします。


注意事項
本サイトはバイナリーオプション初心者様や興味をお持ちの方へ管理人の経験を元に基礎内容などをご提供・ご紹介しております。
バイナリーオプション等の金融商品には一定のリスクがあり、元本保証をするものではございません。
本サイトの情報に基づいて投資を行った結果、ユーザー様に何らかの損失・損害が発生した場合でも当サイトでは責任を負いません。
投資対象及び銘柄の選択、投資金額、エントリー方向(HIGH/LOW)などの最終決定はユーザー様ご自身の判断でなさるようにお願いします。

☆管理人オススメ!theoptionの口座開設はこちらから☆