【当サイトよりお知らせ】

Twitter開設のご案内

2019年8月、バイナリーオプション専用Twitterアカウントを開設致しました。

バイナリーオプションお役立ち情報随時更新中です。

皆様の閲覧・フォローお待ちしております。

ツイート内容はサイドバーにて掲載中!

バイナリーオプションで損切と利食いは有効策なのか

戻るか進むか分岐点表示

 

 

FX経験者の方であれば「損切り」「利食い」という考えは身近にあると思います。
「何pips抜いたら利食い(損切り)」などと表現すると思います。

 

それではバイナリーオプションではどうでしょうか?
pips(ピプス)という概念がありませんし満期時刻が決まっている為、その時間になれば強制決済となります。

 

果たしてバイナリーオプションで損切や利食いは有効的な手法なのか?
今回はこの疑問を解決していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

損切りと利食いの意味

投資初心者の方はそもそも「利食い」「損切り」という意味が分からないかもしれません。
言葉を見る限り何となく意味することは察して頂けるとは思います。

 

当サイトは投資初心者、バイナリーオプション初心者も対象にしているサイトですのでまずはこの意味からご説明致します。
既にご存知の方はこの部分は飛ばして頂いて構いません。

 

損切りとは?

損切りとは、投資家(トレーダー)が損失を抱えたままポジションを売却することを言います。
ロスカット・ストップロスとも呼ばれます。

 

例えば、FXトレードで相場が上昇すると分析し買いポジション(バイナリーで言うところのHIGHエントリー)を持ったとします。
しかし、分析とは逆に売りに注文が殺到し見る見るうちに相場が下落していったとしましょう。
相場の回復が見込めずこのままでは更に損失が膨らむ可能性が高いので損切りを行いポジションを手放しこれ以上損失が膨らまないように損失を確定させます。

 

バイナリーオプションと違って満期時刻は決まっていないので、資金が尽きない限り(強制ロスカット発動されない限り)ポジションを保有することは可能です。
しかしながら、希望的観測を持ちすぎると資金は一瞬で底をつき退場せざるを得なくなります。
大切な資金を必要以上失わないようにする為、FXでは常に損切りを視野に入れてトレードを行わなければなりません。

 

利食いとは?

利食いとは、投資家(トレーダー)が利益を得ている状態でポジションを手放し利益を確定させることを言います。

 

例えば、買いにポジションを保有し上昇トレンドを形成している間は、どんどん利益が上乗せされます。
しかし、トレンドは永久的には続きません。
どこかで必ずトレンド転換がやってきます。

 

その転換ポイントを捉えこれ以上相場が上昇しないと判断すればポジションを手放し利益確定(利食い)します。

 

損切りでも触れましたが、FXには満期時刻はありません。
どこまでポジションを持つか手放すかはトレーダー自身の判断になります。

 

バイナリーオプションで損切りと利食いは通用するのか?

〇×の札を持っている女性
損切りと利食いの基本事項をご理解頂いた上でバイナリーオプションでも通用するのか考えてみましょう。
先に申し上げます。
管理人の結論は、損切りは必要だが利食いは必要ないです。

 

株式・FXとバイナリーオプションの決定的な違いは何でしょうか?
満期時刻が設定されているか否かです。

 

バイナリーオプションの基本概念として、定められた満期時刻までに相場が上がるか下がるかを分析し投資するシステムです。
損益関わらず時間が来れば強制決済となります。

 

トレードする際、満期時刻までの残り時間を逆算しエントリーポイントを選定します。
故に分析通りに相場が推移しているのであれば利食いをする必要はありません。

 

何故損切りだけは必要なのか?

管理人は先ほど「利食いは必要ないが損切は必要」と言いました。
そして、利食いの是非ついて管理人の意見を述べました。

 

では何故損切りだけは必要なのか?
答えは簡単です。
このままポジションを保有していても投資分全額損失になる可能性が高いのであれば一刻も早くポジションを手放して数千円程度でも手元に戻した方が良いからです。
バイナリーオプションでは損切りと言わず「転売」という表現をします。

 

極端な話ですが、FXの場合資金力さえあればいくら含み損を出そうがいつか来る相場転換に備えてポジションを保有し含み損から含み益に変えるチャンスがあります。
しかし、バイナリーオプションでは判定時刻(満期時刻)が決まっているため相場転換するまでポジションを保有することはできません。
判定時刻までにエントリー方向に向かうことが難しいようであれば即転売し損失を最小限に留めた方が利口です。

 

損切りできるのは転売機能を備えている業者のみ

これまでの話ではバイナリーオプションでも利食い損切りが出来る前提でお話をしてきましたが一つ注意点があります。
それは、全てのバイナリーオプション業者で利食い損切りが出来るとは限らないという点です。

 

要するに転売機能が装備されているか否かの問題です。
転売機能がない業者では損切りも利食いもありません。
エントリーしたら満期までどのような相場推移をしても見守るしかありません。
また海外業者では30秒、1分といった超短期取引が可能ですが取引時間が短い取引では転売機能が使えないところがほとんどです。
3分、5分、15分取引から転売機能が使える業者が多いです。

 

口座開設する前に事前に転売機能を備えてあるか否かを確認しましょう。

 

まとめ

今回の結論は、バイナリーオプションでは利食いは考えず損切り(転売)のみ考える事。
バイナリーオプションで利食いをしてもあまりメリットはないと管理人は思います。

 

利食いを考えるのであればその分損切りラインを明確化したルール作りを行うことに労力を費やした方が効果的です。
分析通りに相場推移しているのであれば急激な相場変動がない限り素直にそのままポジションを保有し、エントリーと逆方向に相場推移しているのであれば一秒でも早い段階で損切り(転売)をして少しでも資金を減らさないよう努めましょう。


【最後までお読み頂き有難う御座います】
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

今回の記事が役に立ったという方、ツイッターでも有益な情報を随時更新中!

是非フォローお願いします。


注意事項
本サイトはバイナリーオプション初心者様や興味をお持ちの方へ管理人の経験を元に基礎内容などをご提供・ご紹介しております。
バイナリーオプション等の金融商品には一定のリスクがあり、元本保証をするものではございません。
本サイトの情報に基づいて投資を行った結果、ユーザー様に何らかの損失・損害が発生した場合でも当サイトでは責任を負いません。
投資対象及び銘柄の選択、投資金額、エントリー方向(HIGH/LOW)などの最終決定はユーザー様ご自身の判断でなさるようにお願いします。

☆管理人オススメ!theoptionの口座開設はこちらから☆