【当サイトよりお知らせ】

Twitter開設のご案内

2019年8月、バイナリーオプション専用Twitterアカウントを開設致しました。

バイナリーオプションお役立ち情報随時更新中です。

皆様の閲覧・フォローお待ちしております。

ツイート内容はサイドバーにて掲載中!

RSIを活用して相場の流れを見極めよう

底値から上昇するチャート

 

 

以前、【逆張り手法の王道!】ストキャスティクスとうテーマでストキャスティクスの基本事項や実践内容をご紹介しました。
ストキャスティクスと同様にオシレーター系の逆張りトレードで有効になるのが「RSI」というインジゲーターです。

 

管理人も愛用しています。
しかし、今ご説明した「逆張り手法」ではなく「順張り手法」で活用しています。
その点も含めてまずは基本ポイントを押さえていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

RSIの基本説明

RSIとは「Relative Strength Index」の略称で日本語では「相対力指数」と呼ばれます。
設定した期間内においての相場の強弱を表しています。

 

RSIの基本的な考え方・見方としては

 

RSIがおおよそ70%以上になると買われ過ぎ(売りエントリー)
RSIがおおよそ30%以下になると売られ過ぎ(買いエントリー)

 

この2点がエントリーサインとなります。

 

ストキャスティクスとの違い

ストキャスティクスは2本の線(%Kと%D)の交差したタイミング(ゴールデンクロス・デッドクロス)がエントリーサインですが、RSIは1本の線で相場の強弱を示しています。

 

故に買われ過ぎライン、売られ過ぎラインに入ったらそろそろ相場反転しそうと言った感じで明確なサインが出る訳ではありません。

 

指定した期間内に今現在どれだけの相場強弱があるかを図ります。

 

分かりやすいがダマシも多いので注意

1本の線で買われ過ぎラインに入ったら売り、売られ過ぎラインに入ったら買いとシンプル且つ分かりやすいテクニカル指標ではありますが、その分ダマシも多くRSI単体での使用はあまりしない人も多いと思います。

 

しかしながら、穏やかな相場推移をしている時や持ち合い相場の時に一番威力を発揮するのがRSIです。

 

MT4でRSIを表示させてみよう

RSI 表示の仕方解説画面

 

MT4画面で「挿入」→「インジゲーター」→「オシレーター」→「Relative Strength Index」を選択。

 

パラメーターとレベル設定

 

RSI期間設定画面""

 

RSIレベル設定画面

 

選択すると上記画面が表示され「パラメータで期間設定」と「レベル表示でレベル設定」が出来ます。
基本的にデフォルトのままで構いません。

 

デフォルトだと、レベルが30と70の2つだけだと思いますが、管理人は中心である50%のラインと上限75%・下限25%を高めと低めに設定しています。

 

管理人の手法の場合、このぐらいの設定が一番ダマシが少なかったものなので。
手法によって数値は異なると思いますので参考程度にしておいてください。

 

設定完了すると画面下部に表示される

RSI初期画面

 

設定をしてOKボタンをクリックすると画面下部にRSIが表示されました。
これでRSIを使ってトレードを行えるようになりました。

 

RSIの活用〜応用編〜

RSIは最初にお話ししましたが、穏やかなトレンド・持ち合い相場の時に威力を発揮しますがそれ以外の時はダマシも比較的多いインジゲーターです。
そのダマシを回避するためにいくつか勝率の上がる手法をご紹介致します。

 

サポレジラインを引いてトレード

RSI サポレジライン画像

 

RSIにサポートライン・レジスタンスラインを引いたトレード手法です。
このチャートだとRSI67%〜31%で推移しています。
基本的に70%が買われ過ぎ、30%以下が売られ過ぎとお話しましたが、その手前で反転を繰り返しています。

 

また、サポレジラインを引くことにより上昇・下降共に反発が強く見られる価格の目安が分かります。
チャート上に赤丸を付けている所がそうです。

 

このようにラインを引くことでダマシ回避率が上がります。
ただし、あくまで「今までの流れはそうだった」という認識でいて下さい。
経済指標の発表や世界情勢の変化でいくらでも価格は変動します。
相場を読み解く力にプラスして補助ツールの役割とお考え下さい。

 

ちなみに管理人は順張り手法でこの方法を使用しています。
トレンド中でも上げ下げ繰り返しますのでエントリーポイントを見誤らないようにしようしています。

 

三角持ち合いでブレイクポイントを見つける

RSI 三角持ち合い画像

これも管理人が使う手法なのですが、RSIに三角持ち合いのラインを引いてブレイクポイントを導き出す手法です。
赤丸で囲ってあるところがブレイクした相場ですね。

 

ローソク足に三角持ち合いを引く時もありますが、RSIは工夫次第でいくらでもダマシ回避ができますしどの相場でも通用する万能インジゲーターだと管理人は思っています。
このような理由で管理人はRSIを愛用しています。

 

RSI上に50%ラインを追加しよう

先ほどのRSI導入紹介でRSIのレベル表示について触れたと思います。
デフォルトだと30,70の2つの値しかありませんが、ここに50のラインを追加することによってある目安に役立ちます。
レベル追加は「追加」項目がありますのでそれをクリックし数値入力をするだけです。

 

RSI50%以上・以下で分かること

結論から申し上げます。

 

RSIが50%以上で推移している状況が続けば上昇トレンド発生中の可能性が高い
RSIが50%以下で推移している状況が続けば下降トレンド発生中の可能性が高い

 

要するに50%ラインを引くことでトレンド発生の目安になります。
だからこそ管理人は50%のラインを追加していますし上限・下限レベルを変えているのは「順張り手法」に基づいたトレンドを捉える為に変更しています。

 

使い方と発想は人それぞれですので、管理人の手法が100人いたら全員に当てはまるわけではありませんがもし興味のある方は一度試してみて下さい。

 

まとめ

RSIは単独で使用するのはちょっとリスキーな面もありますが、組み合わせや工夫次第でいくらでも対応できます。
また、逆張りのインジゲーターというイメージが強い中「順張り」でも対応できる能力のある有能なインジゲーターです。

 

今回の情報と管理人の経験が皆様のトレードに貢献できれば幸いです。


【最後までお読み頂き有難う御座います】
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

今回の記事が役に立ったという方、ツイッターでも有益な情報を随時更新中!

是非フォローお願いします。


注意事項
本サイトはバイナリーオプション初心者様や興味をお持ちの方へ管理人の経験を元に基礎内容などをご提供・ご紹介しております。
バイナリーオプション等の金融商品には一定のリスクがあり、元本保証をするものではございません。
本サイトの情報に基づいて投資を行った結果、ユーザー様に何らかの損失・損害が発生した場合でも当サイトでは責任を負いません。
投資対象及び銘柄の選択、投資金額、エントリー方向(HIGH/LOW)などの最終決定はユーザー様ご自身の判断でなさるようにお願いします。

☆管理人オススメ!theoptionの口座開設はこちらから☆